相場における半値戻しとは?

相場では、予想して当てようとしてもダメとい うこと

本質は「当てること」とは違うところ にあるということを

私は凄く大事にしています。


「予想して当てても利益にならない」


それは、「当てる」ことではなくどれだけ


「根拠のある 売買をすること」ができたのか!? なのです。


普通は、上がるには上がるだけの、下がるには 下がるだけの根拠があるはずなんです。


例えば、上昇トレンド中の押し目を考えてみて 下さい。


教科書的には


「前回の高値で売った人の買い戻しで上がる」


という説明になっていますが、本当のところは 違うんです。


押し目のポイントで新規に買う人が多く集まる から再び上がっていくんです。


相場は人気投票です。買う人が多ければ値段は 上がるんです。


値動きには、こういう当たり前の、きちんとし た根拠

(=買う人が売る人よりも多くなれば上 がるなど)があるんです。


しかし、普段、そんなことを考えながら売買して いる人は少ないでしょう。

「当てること」ばかりが気になってしまうからな のです。


だから、果てしない旅が始まってしまうわけなの です。



今回は半値戻しという根拠のテクニックをお教えします!

売りと買いが拮抗しているところ、つま り「売買勢 力分岐点」を考えることなのです。


もっと具体的に言うと、それが「半値」というひとつの基準を設けるところに繋がり

ます。


例えば、半値50%押しの水準は売買勢力分岐 点であり、勝率50%に

近い水準であると言え るのです。


この勝率50%を極めることことが売買技術に なるという考え方なのですが

それを一目均衡表の雲を利用して判断が簡単にできてしまうのです。 


当然、勝率50%のところが正しい売買勢力分 岐点であれば、ほかの正しい売買勢力分 岐点、例えばラインなどと一致してくる ことが必然と多くなるのです。


一致すれば、それは絶好の売買チャンスになります。


これを1つの 根拠がある売買として定義づけて


「半値」という「売買勢力分 岐点」


としてチャートを見ると優位性のあるトレード判断ができてしまいます。


利益を出すには、焦らずに「この半値売買パタ ーンの型になるまで待つこと」になります。


例えば、雲までタッチぐらいを目安として、戻り売りや押し目買いなどは非常に単純ではありますが結構な確率で機能します。  


他のテクニカル指標とあわせて根拠が重なれば、非常に有効な判断材料となりますので是非着目してみてください。 


移動平均線にしろ、平均足にしろボリンジャーバンドにしろ、相対的にみてマーケットが拮抗している場所を見定める為に利用していると私は思います。 


その中で一番わかりやすく、未来の動きも教えてくれる雲は大活躍なんです。


相場はゼロサムゲームです。


買っている人の裏 側には負けている人がいます。


ですから、儲けの仕組みが解明されたら、つま りみんなが勝てるようになってしまったら、儲 けそのものがなくなってしまうのです。


動画にて半値のチャート解説もしていますので合わせてごらんください。





まとめ

これから先、当てにいく売買をやっていくのと 、正しい根拠がある売買をやっていくのとでは、 数年後、大きな違いが出てくるでしょう。

定義があるものならば、やればやるほど、経験 が蓄積されていくのです。


しかし、当てにいく売買には定義がないので、 どんなに努力しても、その努力自体、水の泡に なる可能性が多くなるでしょう。


その為には、正しい分析の仕方や半値戻しと言った相場の拮抗地点を導きだし根拠のあるトレードを繰り返すことで圧倒的にあなたのトレードパフォーマンスは上がることでしょう。  



FX入門読者へ.png

FX&バイナリー勝ち組トレーダーズ HUB® 2009-2020 All Rights Reserved.