ポンドドルは1.35までさらなる上を目指していくほどの燃料があるのか!? 為替予報士ロンロン




米議会での追加経済対策の規模縮小の思惑とともに米国経済の先行き見通しに不透明感が

聞かれる中、米長期金利の低下に伴うドル売りに押されました。


Moody’s と Fitch は EU 復興ファンドに関してポジティブな見方を示唆、Aaa/AAA の格付

けを維持。


さらに 7 月 31 日に S&P が EU の AA の格付けに対する見通しを Stable から Positive

に引き上げ。こうした中、S&P は EU の独自の財源確保への詳細な道筋が示され、それが加盟

国から承認されれば格上げが起こる可能性に言及したことも好感。


ユーロは 1.1920 ㌦台から

1.1930㌦台のストップロスを巻き込み上昇、2018年5月以来の高値となる 1.1966㌦まで上昇。


▼ ユーロは 1.19 ㌦台の明確な上抜けを確認し、今週末発表のドイツやユーロ圏 8 月の製

造業、サービス業 PMI に向けて 1.20 ㌦台を試す基盤を作ることができるか注目。


昨晩から英と EU による離脱交渉が再開され、双方の交渉官が今晩会食の予定。10 月 2 日ま

でに交渉をまとめ、10 月 15 日の EU 首脳会議の前に合意を目指すとの期待も。現状の英経

済の厳しい状況を踏まえれば No Deal は考えにくいとの思惑からポンドは対ドルで今年 1 月 2

日以来の高値となる 1.3249 ㌦まで上昇。


▼ポンドは 1 月 2 日の高値(1.3266 ㌦)や昨年末の高値(1.3285 ㌦)を上抜けるか注目。



⇒ダウは 46 ㌦高から 176 ㌦安までの値幅で推移し、追加経済対策の規模縮小の思惑もあり 66 ㌦

安で取引を終了。


一方、アマゾンやマイクロソフトの上昇に牽引されナスダックが連日で史上最高

値を更新したほか、S&P もおよそ半年ぶりに史上最高値を更新して取引を終了。



【為替予報について】



専業トレーダーのロンロンが最新のニュースを独自にピックしてお送りしています。



今後のマーケットにどう影響しそうなのかチャートと交えて解説していきます。



〇FXをこれから始めたいけどやり方を知りたい



〇すでにはじめているけど分析力を上げたい



〇経済ニュースが読めるようになりたい



▼次回の最新のアップデート情報


速報などの高確率トレードの為に役立つ情報は公式LINEより入手いただけます。



https://lin.ee/yYXsoj7

FX入門読者へ.png

FX&バイナリー勝ち組トレーダーズ HUB® 2009-2020 All Rights Reserved.