【為替予報士レポート】ポンドドルは、15日の期限で合意に至るのか?


◆ポンドドルはしばらく、ヘッドラインによるジェットコースター相場でしたが、ようやく方向性がでてきそう


◆政治、コロナ、失業率、ブレグジット合意などが主な注目ポイント


◆日足で、エニグマシステムは再度買いサインが出そう


◆アメリカと同様に追加緩和がどのようなものが出てくる



イギリス情勢


直近のニュースでは10月30日までのEUとの合意に向けて、ポジティブな内容のニュースが多かったのですが15日期限でひっくり返す可能性があるというニュースが出ています。

移行期間までの期日が迫っている中での細かい協議が全然進んでおらず、特に国境のアイルランドとの問題と漁業権のところに全く解決策が見いだせてないのが現状です。

これに対応した形でボリス・ジョンソンさんは国内保全法を出したのですが、EUが違憲だとして真っ向から対立し、平行線のまま時だけが経過しています。


アメリカ情勢


トランプ大統領がコロナル感染し、ホワイトハウスでも、クラスターが発生、30人以上の議員たち、トランプ支持の共和党議員たちが感染してしまうという事件が起きました。


その後、トランプさんは急回復し、既に選挙活動に出るという流れでいますが15日の討論会はキャンセルとなりました。それと同時に民主党との追加財政政策は一旦中断となってしまいました


しかしながら株価が急落し投票の行方も不透明になる中力強い上昇そしてに対しては引き続き売られやすい展開となっています。


市場はこのまま行くと民主党が勝バイデンが大統領になるのが規定路線とよんでいるようですが、2012年のバラックをオバマ大統領の時、そして2016年のトランプ大統領の時も蓋を開けてみれば予想とは異なった投票結果となっていますので注意が必要です。






コロナ感染拡大


コロナ慣れしてきているところもありますが、アメリカでは引き続き感染者数は一定数増えており、ヨーロッパでは第2波を言われるほど急激に増えています、イギリスもアメリカを追い越す勢いで感染者数が増えており、北の地方でも部分的なロックダウンやフランスが、マドリードが、ロックタウンなど主要都市にまでロックダウンされるような状況に迫っています。


なかなかポンドの上昇に繋がっていかないのですが、死亡率でみるとアメリカよりはましといったところが現状です。




最近の経済指標はあんまりポンドにインパクトを与えていませんが、それでも8月は2.1パーセントの成長率という悲惨な結果となっています。これは予想の半分という数字なのですが7月に続き芳しくない状況が続いています。


それでも中央銀行のベイリーさんのコメントは、経済の回復に満足をしているというたコメントを出すなど、よくわからないですね。


アメリカの指標の方では、が予想より良い結果が出ましたが、失業保険申請者数の数字は弱く、引き続き労働者数の回復には時間がかかりそうな雰囲気です。





大注目イベント


引き続きコロナウイルスと雇用の問題が最大の注目となります


そんなEUは木曜と金曜のサミットで何らかの合意や進展が見られるか注目ですが、これまでもボリス・ジョンソンさんは期限まで話をまとめることができず、今回もその通りではないでしょうか、結局、大晦日まで決まらないなんてこともあり得るかもしれませんね。


合意に達するまでの期限の延長は、やはりポンドにとってもおもしです。


そして同意ができないとなっても、やはり今度は売られると見るのが普通ではないでしょうか。


やはりコロナの死者数や感染者数の増減を見ることが、今の為替の強弱を見るのには一番重要だと思います。それが引き金で制作も決まりますし、ロックダウンして人々が動けなくなればそれがさらにに響き、結果的に経済が落ち込むということになってきますのでね。


来週出てくる経済指標の予想は軒並みポジティブなものが出ていますが、そこにブレがどの程度発生するかにもよります。


また、英中銀のべイリーさんの発言によってこのまま低金利をどの程度維持するのか、またはマイナス金利などのお話、ゼロ金利で融資ができるような政策が出ればポンドを売るチャンスとはなるでしょう



テクニカル


1.3までジリジリ下から持ち上げられるかのように上がってきてはいますが、突破週末にしたような形で引けています。このまま1.305越えていくことができれば


来週はその上の1.32または1.33までの伸びしろがあるので妙味があるとは思います。


しかし先に述べたようにファンダメンタルズ的イベントも懸念として多く楽観的に戦いというよりも短期的に買い又は売りという戦略の方が有効的に思えます。



◆トレードは計画的に◆


ついに、為替予報士ロンロンのオリジナル分析レポート配信サービス開始


私の注目通貨やトレードの参考にして頂けるチャート分析、日々の経済ニュースのレポートを週5~7回配信します。


ブログの上位版になります。



特に、ファンダメンタルズ分析ニュースについていくのは大変だと思います。

あなたに変わって為替にインパクトを与えそうなものをピックして分析レポートにして配信していきます。



配信を受けながら、トレードのシナリオ作りの参考やレベルアップにお役立てください。



FX入門読者へ.png

FX&バイナリー勝ち組トレーダーズ HUB® 2009-2020 All Rights Reserved.