【為替予報士のFXレポート】大統領選挙、ブレグジット、コロナ、原油、中国の動向

為替予報士限定レポートの一部を無料で公開しています。


一週間をとおしてドル買いが先週は月末要因も重なり強まりましたが今週も続くかが注目ポイントとなります。 



中国人民元の対ドルでの下落に伴うドル買いも観測


米追加景気対策を巡る合意期待が失望


欧州各国での感染 拡大


米国にも感染拡大の波が押し寄せ、シカゴでも規制が発せられるなど NY ダウは先週一週 間で 1,833 ㌦安(-6.5%)の大幅安となりました。



米 7-9 月期 GDP の改善を好感 した米長期金利の上昇や月末の需給に絡むドル買い





この後の


大統領選の投開票のほか、FOMCや米10月雇用統計など注目材料に事欠かない週となるだけに、 振れ幅の大きさにも注意が必要です。



コロナ: 米国内での感染拡大が続いた場合、欧 州各国同様に経済活動への規制が広がる可能性への警戒 フランスロックダウン、ドイツも一部地域のロックダウン、イギリスも一ヵ月のロックダウンとなっているほかイタリアでは新規感染者数が今年最多を更新してしまっています。


大統領選に関して はトランプ大統領が敗れた場合に、郵便投票などへの不信感を表明し、敗北を認めずに政局が混沌とする可 能性が取り沙汰されていることも懸念されます。



FOMC や英中銀、豪中銀政策委員会


米 10 月の雇用統計


ユーロ圏の製造業、サービス業 PMI(改定値)、ドイツ 9 月の鉱工業生産



ブレグジット: 英国の EU 離脱後の将来関係を巡る EU との交渉を巡り 10/28 には 11 月初旬までに合意が可能との報道 があります。


英議会上院では EU が提訴している国内市場法の投票が来週 9 日に実施されることも交 渉への悪影響を懸念される一因となりました。


①EU 離脱についての交渉に具体的な進展があるか

②英国での感染拡大によるロンドン を中心としたロックダウンの可能性 さらには

③英中銀政策委員会での景気見通しや早期緩和策への言及 などが焦点となりそうです。


感染拡大による英経済の下振れリスクが強調され、成長見通しなどの引き下げ が不可避と見られるほか、英国内の失業率も上昇傾向にある中で当初の給与支援スキームが終了を迎える ことから離脱交渉の前進期待のポンド買いを相殺する可能性に注意が必要です。



豪中銀政策委員会での利下げ観測、およびその後の債券買入れの増額での思惑の結果から材料出尽くしでうごきが逆流するのかどうか?

感染拡大を受けた景気減速懸念を背景に原油在庫の増加 など、原油価格が下落したことで資源国通貨としてカナダドルとともに豪ドル売りが加速するかに注目です。  原油は 34ドルまで下げてきています。




FX入門読者へ.png

ウェブサイト等で展開しているFX、投資信託、株式、ETFなどのコラム、マーケットニュース、チャート分析およびその他の情報などのコンテンツは、あくまでも投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としてはいません。また、私が信頼できると判断したデータ(ライセンス提供を受ける情報提供者のものも含みます)により作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。ご利用はお客様の判断と責任のもとに行って下さい。利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害について責任を負いません。

FX&バイナリー勝ち組トレーダーズ HUB® 2009-2020 All Rights Reserved.